獣医療における血圧測定の現状とテクニック

東京農工大学 農学部 共同獣医学科
准教授 福島 隆治

 ヒト医療では、血圧測定は医療現場において日常的に行われている。また多くの血圧測定機器が市販化されており、健康管理を目的として家庭においても血圧測定が行われている。
一方、獣医療における血圧測定は、欧米の高次医療施設では一般的であり、開業病院においても徐々に普及している。
 しかし、日本では開業病院のみならず高次医療施設においても、日常的な検査には至っていない。しかし、犬猫においても各種疾患と血圧値の関連性が報告され、その重要性が報告されつつある。よって獣医師は、血圧測定をスクリーニング検査や健康診断のための有力なツールの一つとして、新たに認識する必要がある。

血圧測定法の種類

観血的(直接)血圧測定 ]

 高精度かつ連続したモニタリングが可能であるため、血圧測定のゴールドスタンダードである。カテーテルを直接動脈内に設置し、電子圧トランスジューサーにカテーテルを接続することによって測定される。技術的にやや難しく、侵襲性であることなどから日常的検査における有用性には限界がある。
 しかしながら、直接血圧測定は、低血圧や高血圧に命を脅かされている動物や、麻酔処置の危険性が高い動物のモニタリングには、本来は必須と考えられている。

[ 非観血的(間接)血圧測定 ]

 一般的に日常的な血圧測定は非観血的血圧測定によって行われる。いくつかの間接血圧測定の方法が利用可能であるが、すべて加圧されたカフの下流における動脈血流の検出が基本である。

< 超音波ドプラ法 >

 超音波ドプラ法による血圧測定器には圧電気クリスタルを内蔵した小さな超音波プローブがついている。プローブから送信された超音波が血流中の赤血球に遭遇し、プローブ内部にある後方の受信素子に反射され、そこで増幅器により聴取可能な音になるまで脈波が変換される。
 携帯のアネロイド血圧計のカフは、拍動が聞こえなくなるまで加圧させられ、カフ圧を記録する間にゆっくりと減圧させられる。拍動音が聴取されるようになったときの圧がSBP である。SBP に関しては信頼性のおける測定値が得られるが、信頼性の高いMBP ならびにDBP の測定値を得ることは非常に難しい。
 また、被毛による摩擦音が測定時の障害となるため、プローブを当てる部位の剃毛が望まれる。そして、血圧測定中には動脈の上にプローブを固定することが要求される。

< オシロメトリック法 >

 動脈壁の直径の変化によって発生する振動の変動を検出することを測定原理としている。動脈上にあてがわれたカフを減圧していくにしたがって脈の振動が急に増加する点のカフ圧がSBPである。カフ圧を下げていって、振動が最大になる時のカフ圧がMBP である。この後、振動が急に減衰していき、減衰がゆるやかになる時のカフ圧がDBP である。
 オシロメトリック法は、過去には猫における血圧測定としては適さないと言われていたが、機器の改良により、犬猫の両者において信頼性の高い測定値が得られるようになってきている。オシロメトリック法により

表1:血圧測定値の定義

SBP(systolic blood pressure) 収縮期血圧(収縮期の最高値)
DBP(diastolic blood pressure) 拡張期血圧(拡張期の最低値)
MBP(mean blood pressure) 平均血圧(1心周期を通じての血圧の時間的平均)

※MBP≒DBP+(SBP−DBP)/3により近似値が計算される。
※SBPとDBPの差を脈圧(pulse pressure)と呼ぶ。

表2:各血圧測定法の利点と欠点

利点 欠点
観血的血圧測定 ゴールデンスタンダード
瞬間的な血圧変動の観察が可能
持続的な血圧測定が可能
血液サンプルの採取が可能
技術の熟練が必要
侵襲的
血栓形成や感染の危険性
装備の費用が高価
超音波ドプラ法 低血圧動物に対する正確性
比較的に低費用
平均血圧ならびに拡張期血圧の測定に無力
猫ではしばしば過小評価の傾向有り(10-14mmHg)
測定が簡便でない(両手がふさがる等)
剃毛がしばしば必要
オシロメトリック法 測定が簡便
多くは自動施行能力を有する
重度の血管収縮、徐脈、不整脈で測定値が不正確になり得る
体動により測定値が不正確になり得る
猫では測定が困難である場合あり(高血圧の猫で過小評価)
装備の費用が高価
フォトプレチスモグラフィ法 比較的に低費用 平均血圧ならびに拡張期血圧の測定に無力
プローブの接触部の皮膚色により測定困難
測定が簡便でない(両手がふさがる等)
剃毛がしばしば必要
< フォトプレチスモグラフィ法 >

 赤外線を放出させて動脈内の容積を計測することにより、血圧値を求めることを原理にしている。測定部の動脈の上にパルスオキシメーターのプローブを固定し、モニター上の脈波が消えるまでカフ圧を上げる。その後、カフを減圧して再びモニター上に脈波が出現した瞬間の血圧値をSBP とする。
 被毛のない部位を選択する必要があるため、剃毛が要求される場合がある。また、皮膚色素が濃い場合は、赤外線の通過に支障を来たし測定値を得ることが困難なことがある。
 非観血的血圧測定の中で、どの装置ならびに手法を選択するかは迷うところである。価格、大きさ、測定値の信頼性、これら全てが重要であることに間違いない。このうち測定値の信頼性に関しては、機器固有の限界、計測者側の問題、被検査動物側の問題など様々な要因により左右される。機器の販売メーカーに、観血的血圧測定により得られた血圧値と、使用機器により得られた血圧値の相関性を尋ねることは重要である。また、その際には測定部位ならびに測定時の体位などの情報が得られれば、実際の測定に大いに有用である。

petMAP と観血式測定の相関(小型犬・麻酔下での測定)

petMAP(メモリ:5単位) 観血式測定
測定部位 心拍数 収縮期血圧 平均血圧 拡張期血圧 心拍数 収縮期血圧 平均血圧 拡張期血圧
尾部 100 85 60 45 97 73 62 52
100 75 55 45 97 73 60 50
100 70 55 40 96 73 58 49
95 70 55 45 97 75 60 50
95 75 60 45 96 77 62 52
前脚 80 105 70 55 80 102 71 54
80 95 65 55 80 101 70 54
80 100 70 55 80 99 70 54
80 95 70 55 80 98 69 53
80 90 70 55 81 97 69 53
後脚 80 110 55 25 80 94 68 52
80 135 85 65 81 92 67 52
80 135 85 65 81 92 67 52
80 150 100 65 81 91 65 52
80 140 110 80 81 91 66 52

データ提供:東京農工大学 福島隆治先生

petMAPと観血式測定器の測定結果は、他機器での測定結果も踏まえると相関性が高いと思われる。(petMAPのメモリは5単位)
 麻酔下での測定では前脚が一番相関しているが、無麻酔下(例えば診察時)の測定においては、体動による影響や心臓と測定部の高さの差などを考慮すると、尾部での測定がより安定的だと考える。

犬と猫の血圧値

 犬猫の正常血圧を正確に規定することは難しい。その理由として、蓄積データがヒトと比較して少ない、測定法により値に変動が認められることなどが挙げられる。また、犬種あるいは年齢などによる血圧測定値の差異が報告されている。しかし、極端に大きな差異は認められないようである。よって、これからの獣医療では積極的に血圧測定を行い、そのデータを共有することが最も重要である。
 犬や猫では、一般的にはSBP:180〜200mmHg以上、DBP:120mmHg以上が高血圧とされ、SBP:80mmHg未満、MBP:60mmHg未満が低血圧と考えられている。
しかし、ヒトではグレーゾーンあるいは高血圧予備群が設けられており、運動や食事療法など様々な指導がなされている。今後は犬猫においてもこれらの認識が重要となってくるだろう。

[ 高血圧 ]

 高血圧は、血圧が極端に高い場合を除けば、それのみで生命を脅かす危険性はあまり高くない。しかし、高血圧が持続すると、臓器の灌流障害や血管病変などを中心に種々の合併症を引き起こし、最終的には寿命が短縮されることになる。
 高血圧は本態性と二次性のものとに分類される。本態性高血圧とは、明らかな原因が認められないものであり、二次性高血圧とは原因( 高血圧を来す疾患) の明らかなものである。ヒトの高血圧患者の90% 以上が本態性高血圧であるが、犬猫の高血圧患者においては、その殆どが二次性高血圧と言われている。しかし、これまでの動物病院では血圧測定が頻繁に行われていなかったこと、発見が遅く複合的な高血圧病態を呈している可能性があることなどの理由により一概には言えない。今後の研究や調査により、高血圧との関連性が明らかとなる疾患が増えるものと予想される。

< 高血圧の兆候 >

 急性の失明(瞳孔反射の欠如した散瞳、網膜剥離および、前房出血などが認められる)、多飲多尿、体重減少、食欲の変化、心悸亢進などが挙げられる。健康診断の一環として血圧測定を実施するのが望ましいが、これらの全身性疾患に共通する所見が得られた患者に対する血圧測定の実施は重要である。その他として、痙攣、運動失調、眼振、胸水貯留なども認められることがある。

[ 低血圧 ]

 低血圧も本態性と二次性に分類される。本態性低血圧は、低血圧の原因となる基礎疾患がないものである。おそらく血圧調節に関わる神経、そして神経体液性因子が関与していると考えられる。一般に血圧が低いのみで、低血圧に基づく臨床症状や臓器循環障害がみられない例は、体質性低血圧であり病的意義はない。犬猫において本態性低血圧に関する報告は、著者の知る限り見あたらない。
 二次性低血圧は種々の疾患の一症候として、低血圧がみられるものをいう。出血や脱水など、その原因を取り除くことで改善が可能である一過性の低血圧から、慢性の経過をとり治療に難渋をきわめるものもある。これらの予後は基礎疾患の重症度による。

< 低血圧の兆候 >

 犬猫において軽度の低血圧の場合には、飼い主がその臨床症状に気づかない可能性がある。また、体重の変動、寒がる、浮腫、筋力低下、皮膚の色素沈着、皮膚乾燥、多飲多尿などが認められる場合には、内分泌・代謝性疾患による二次性低血圧を疑う手がかりとなる。そして、不整脈、心雑音、過剰心音、浮腫など認められる場合には、循環器疾患による二次性低血圧を疑う手がかりとなる。さらに、薬物による医原性の低血圧が多いことから、病歴聴取による投薬歴の確認は必須である。

表3:犬猫における代表的な血圧値
正常犬における代表的な血圧値

測定原理 収縮期血圧 拡張期血圧 平均血圧 犬の頭数 文献
(mmHg) (mmHg) (mmHg)
オシロメトリック法 133 75.5 98.6 1,782 a
オシロメトリック法 118±18.7 67.4±14.4 93.8±15.8 102 b
オシロメトリック法 144±27 91±20 110±21 73 c
オシロメトリック法 124±9.5 103±9.1 87±9.4 d
超音波ドプラ法 147±27.7 102 e

正常猫における代表的な血圧値

測定原理 収縮期血圧 拡張期血圧 平均血圧 猫の頭数 文献
(mmHg) (mmHg) (mmHg)
オシロメトリック法 139.4±26.9 77.1±25.1 99.1±27.3 104 f
オシロメトリック法 115.4±10.1 73.7±10.8 93.8±15.8 60 g
オシロメトリック法 124±9.5 103±9.1 87±9.4 20 h
超音波ドプラ法 132±19 50 i

[a]: Bodey, AR., 1996, J Small Anim Pract 37(3): 116-125、[b]: Mishina, M., 1997, J Vet MedSci 59(11): 989-993、[c]: Coulter, D. B., 1984, JAVMA 184 (11): 1375-1378、[d]: Fukushima,R、[e]: Remillard, RL., 1991, AJVR 52(4): 561-565、[f]: Bodey, AR., 1998, J Small Anim Pract39(12): 567-573、[g]: Mishina, M., 1998, J Vet Med Sci 60(7): 805-808、[h]: Fukushima, R未発表データ、[i]: Sparkes, AH., 1999 J Vet Intern Med 13(4): 314-318

表4:犬の品種別による血圧値と心拍数

品種 収縮期血圧 拡張期血圧 平均血圧 心拍数
(mmHg) (mmHg) (mmHg) (bpm)
サイトハウンド種 146.7 83.8 112.6 102.4
テリア種 136.6 76.2 99.8 122.5
スパニエル種 131.8 74.4 97.7 124
レトリバー種 122.7 69.2 91.2 109.5

Bodey, AR., 1996, J Small Anim Pract 37(3): 116-125

表5:犬猫における二次性高血圧と関連がある全身性疾患

腎疾患 副腎疾患 甲状腺疾患 その他
腎盂腎炎
慢性間質性腎炎
多発性嚢胞腎
糸球体腎炎
アミロイド症
糸球体硬化症
*:慢性腎不全
副腎皮質機能亢進症
褐色細胞腫
高アルドステロン症
甲状腺機能亢進症
甲状腺機能低下症
僧帽弁閉鎖不全症
貧血
高脂血症
糖尿病
赤血球増加症
末端巨大症
高エストロゲン症

表6:全身性高血圧による標的器官への影響

視覚系 急性失明は高血圧の犬猫が来院する理由として最も多い。しかし、蛇行した網膜血管、網膜出血、網膜浮腫などの高血圧性網膜症と考えられる所見は、網膜剥離や失明に先行して見つかる可能性がある。
心血管系 全身性高血圧を呈する犬猫では、求心性左室肥大が認められることがしばしばある。また、ある程度の右室肥大も同時に認められることがある。猫においては胸水の貯留が認められることがある。
腎臓系 腎疾患と高血圧症は同時に認められることがあるため、どちらが原因で結果なのかを判断することは困難であることが多い。腎疾患は全身性高血圧とよく関連しているが、高血圧も腎疾患を進行させる一要因である。
脳血管系 高血圧のヒト患者では、脳出血や脳梗塞などの脳血管障害が比較的多く報告されている。ヒトの報告例よりも少ないが、高血圧症の猫においても見当識障害、不全対麻痺、痙攣などの神経症状が認められることがある。

脈圧の異常

 測定された血圧値から求められる犬猫の脈圧は、一般的に30 〜40mmHg の範囲である。脈圧の拡大は、バウンディングパルスと形容され、一般的に大腿動脈(麻酔下であれば舌動脈も選択される)の触知により確認することができる。
 ヒトにおいて、高齢になるとSBPだけが高く、DBP はむしろ低めになる。これは動脈硬化に関連している。
 動脈硬化は風船のゴムが硬くなった状態に例えられる。硬いゴムの風船を膨らませても(収縮期)、風船が硬いためあまり膨張せず風船内の圧力は上昇する(収縮期高血圧)。膨張させるのを止めると(拡張期)ふくらみが悪い風船からはすぐに空気が抜けて風船の圧力が低下する(拡張期正常または低血圧)。これがSBPのみが上昇する「収縮期高血圧」の主な原因である。したがって脈圧(SBP − DBP)が大きくなるのは動脈硬化の程度を反映しているとされ、脈圧が大きいのも危険とされるのはこのためである。
 犬猫においても老齢化により血圧値の上昇が観察される。だが、犬猫の血圧値と動脈硬化に関する研究は少なく、臨床現場に還元されていない。これから血圧測定の機会が増えることで、脈圧の評価が重要となってくるかもしれない。

非観血的血圧測定手技の問題点

[ カフの選択 ]

 カフのサイズ選択は重要である。カフの幅は巻き付ける部位の周囲長の30 〜 40% 幅が理想とされている。それよりも広いカフでは低値、狭いカフでは高値を示す。小さな破損でも加圧や減圧に支障を来すため、カフは消耗品であることを認識しておかなければならない。

[ 測定部位ならびに体位 ]


 測定部位は、カフの設置が大前提となるため、前肢(前腕部の手根関節上部)、後肢(下腿部の足根関節上部)および尾部(尾根部)の3 部位が候補となる。一方、大動脈弁レベルからカフ設置部位が1cm下降すると血圧測定値は0.7 〜 1.0mmHg上昇するとされるため、測定部位の高さと心臓の大動脈弁レベルの高さが同一であることが望ましい。
 よって、血圧測定における体位と測定部位との組み合わせとして、立位であれば尾部、横臥位あるいは伏臥位であれば前肢、後肢、尾部が選択される。
 動物のストレスを可能な限り軽減するためにも、無保定あるいは最小限の保定が望ましい。そのため、血圧測定は可能であれば立位あるいは伏臥位での実施が選択されるべきである。猫は腹臥位を好むが、犬は自発的に腹臥位とならない個体に多く遭遇する。
 我々は、前肢、後肢および尾部の3 部位における血圧測定値の差異を検討した。その結果、3 部位ともに同様な測定値が得られた。しかし、その中で血圧値がより早く安定するのは尾部、前肢、後肢の順であった。
 後肢における測定に関して、立位では心臓の位置より低く、さらには踏み直りの動作による体動の影響が比較的に強く認められた。また、腹臥位ではカフが圧迫されて測定値の信頼性が著しく低下した。
 無保定の猫の中には、前肢における測定に対し不快感を示し、前肢を振る動作を呈する個体がしばしば認められた。血圧波形解析装置により判定した結果、この動作により血圧測定値の信頼度が低下していた。
 尾を振る動作に関しては、測定値への影響は無〜極軽微であった。また尾部はカフの装着が容易、無保定でも測定可能、体動の影響が他の部位よりも軽度など多くの理由により、無麻酔下での血圧測定の際には尾部での測定が有用であると考えている。

[ 被毛 ]

 我々はビーグルを用いて、測定部位における被毛の有無と血圧測定値との関連性について過去に調査した。その結果、被毛の有無による測定値の差異は認められなかった。したがって、ビーグル程度の被毛であればカフ設置部の剃毛は不必要であるが、被毛の存在が明らかに影響すると考えられる場合は、被毛のかき分け、水などにより被毛を湿らせる、または剃毛などが必要と思われる。
 経験的に、秋田犬、柴犬、シベリアンハスキーなどは、カフ設置部位における何らかの被毛の処理が必要な場合が多い。しかし、剃毛によるカフの脱落というアクシデントの増加には注意が必要である。
 また、非観血的血圧測定の手法別と被毛の関連性という面では、超音波ドプラ法やフォトプレチスモグラフィ法は、ピンポイントで動脈上にプローブを固定する必要があり、プローブ設置部の剃毛が比較的強く望まれる。それに対しオシロメトリック法では、カフ設置部の振動を感知しているため、感知感度を上げることにより剃毛の必要性は減弱する。

[ 測定環境 ]

 多くの犬猫は、動物病院に来院する、そして血圧測定を行うというイベントにより、少なからず緊張状態に曝されているものと推測される。
 我々は、診察台上と動物が普段生活しているケージ内の両者において血圧測定を行ってみた。その結果、血圧値には差異が見られないものの、測定値が安定するまでの時間はケージ内が明らかに早かった。また測定値は、測定開始から5 〜7分をかけて徐々に安定することが判明した。
 犬猫の緊張状態を回避あるいは軽減する手段として、カフを血圧測定実施の数分前に測定部位に設置する、小型犬種や猫などではキャリー内あるいは飼い主の膝の上での(飼い主の存在で興奮が助長される動物の場合は、飼い主のいない場所で)血圧測定を行うなどの工夫により、より迅速かつ信頼性の高いデータを得ることができると考えられる。

血圧測定のテクニック

1. 測定部における周囲長の30 〜 40%幅である適切なカフを選択する。
2. カフ設置部やセンサー設置部の被毛状態を確認し、必要であれば何らかの処置を講じる。(超音波ドプラ法やフォトプレチスモグラフィ法であれば必須)
3. 最初にカフを前肢あるいは尾部など測定部に設置する。
4. 動物を落ち着かせる意味で、カフを設置したまま暫く(5 分〜)その状態に慣れさせる。(この間に稟告の聴取や血圧測定器の設定を行う)
5. 測定体位は可能な限り保定が不必要な体位とし、カフと心臓の位置が同じ高さになるようにする。
6. 興奮する猫は持参のキャリー内に入れ照明は薄暗くする。
7. 主観的に落ち着いたと判断したら血圧測定を開始する。(多くの動物において、測定中に心拍数が徐々に低下し安定する現象が認められる。これを動物の安静下の指標とすることも可能である)
8.モニターや印字プリントが付属している場合は、各測定法で得られる理想的な圧波形と測定によって得られた圧波形が類似しているかを確認する。
9. 少なくとも3 から5 回の測定を行い、測定値の変動が5mmHg 以内であるものが3 回得られるまで繰り返す。

 我々が行った最近の研究では、イソフルラン麻酔下の犬において、オシロメトリック法を用いた血圧測定法は体位および測定部位の影響を強く受けることを見出した。これは、我々が推薦する無麻酔下での血圧測定手技とはやや異なる結果であった。多くの手術時においぇる保定体位である仰臥位では、前肢および尾根部から得られた濃縮期血圧値は、直接血圧測定(第動脈瘤)での収縮期血圧値よりも低いという結果を得た。また仰臥位では、横臥位と比較して左心室内容量および一回抽出量が減少し、全身血管抵抗が増加する事がみとめられた。そのため、仰臥位では末梢への血流が減少することから、前肢や尾根部での測定値が低値を示したのではないかと推測している。
 また、低血圧時(収縮期大腿動脈圧< 80 mmHg)ならびに高血圧時( 収縮期大腿動脈圧<160mmHg)ともに、前肢から得た収縮期血圧値が収縮期大腿動脈圧値と最も近似であった。よって、麻酔下(仰臥位)おけるオシロメトリック法を用いた血圧測定では、前肢を第一選択部位とすることを推薦している。この点が、無麻酔下での血圧測定手技と異なる点といえる。

麻酔下の犬における測定部位と保定体位による間接血圧測定値(オシロメトリック法)と直接血圧測定値の差異

間接血圧測定における使用機器:petMAP(株式会社AVS)

測定部位 体位 間接血圧測定値
(mmHg)
直接血圧測定値
(mmHg)
前肢 右側横臥位 112±13 111±15
左側横臥位 98±12 96±8*
仰臥位 111±15 121±15
伏臥位 122±19 123±20

* p<0.05


カテゴリーから探す

医療材料

医薬品

FAX注文用紙のダウンロードはこちら


ゲスト様

すでにご登録がお済みの場合はこちらからログインしてください。

会員ID・パスワードをお忘れの方はこちら

会員未登録の方はこちら

新規会員登録

  • はじめての方へ
  • WEBへのりかえ

便利サービス

CYGNI service
  • 経営相談会
  • みんなでつくる「VetNote」



pagetop