動物用ゴナトロピン3000

使用の際は、添付文書の使用上の注意をご確認ください

あすかアニマルヘルス

  • 動物用 動物用
  • 注射剤 注射剤
  • 指定医薬品 指定医薬品
  • クール便 クール便
  • 返品不可 返品不可
商品番号:103701

特長

【効能・効果・適応】
●牛(雌)/馬(雌):卵胞のう腫、排卵障害、卵胞発育障害(卵巣発育不全、卵巣静止、卵巣萎縮)
●豚(雌):卵胞発育障害(卵巣発育不全、卵巣静止、卵巣萎縮)、分娩後の発情誘起
●犬(雌):卵胞発育障害(卵巣発育不全、卵巣静止、卵巣萎縮)、無発情期における発情誘起
●牛(雄)/馬(雄)/豚(雄):精巣機能減退(交尾欲減退)

仕様

【成 分】
[1アンプル中] 胎盤性性腺刺激ホルモン 3000単位
※本商品は、一部地域(青ヶ島村、神津島村、離島村、新島村、御蔵島、三宅島三宅村、小笠原村)についてはお届けができません。

分割 商品番号   内容量 包装

103701

5mL 1箱(5A)

詳細説明

【用法】
添付の溶解液に溶解し、1日1回1頭当たりヒト絨毛性性腺刺激ホルモンとして下記の量を注射します。牛(雌): 1,500~10,000単位(静脈内、筋肉内又は皮下注射)。 但し、卵胞のう腫の場合はのう腫腔内、卵胞発育障害の場合は 卵巣実質内に1,500~3,000単位を注射します。馬(雌): 1,500~6,000単位(筋肉内、皮下注射)豚(雌): 1,500~3,000単位(筋肉内注射)犬(雌): 150~3,000単位(筋肉内注射)牛(雄): 1,000~2,000単位(筋肉内注射)3日ごとに投与します。馬(雄): 1,000~2,000単位(筋肉内注射)3日ごとに投与します。豚(雄): 1,000~2,000単位(筋肉内注射)3日ごとに投与します。

カテゴリーから探す



pagetop